2019.08.29 Thu

下着の処分どうしてる?~正しい下着の捨て方~

気に入って買ったけど、繰り返し使っていけばいつか寿命がくる下着。
皆さんはどのように処分していますか?

寿命のきた下着をそのままゴミ袋にポイっなんてことは抵抗ありますよね。
特に下着は人の目が気になります。
では、不要になった下着を処分するときに気を付けることは何でしょうか?
一緒にチェックしていきましょう!


 

いま使っている下着はまだ使えるの?それとも処分?
下着の寿命を見極める記事はこちらをチェック☟

 
下着は何ゴミ?

下着は何ゴミで出すのがベストでしょうか?
90%以上布を使っているので「燃えるゴミ」?

正解は『資源ゴミ』

各自治体によって異なりますが、下着全般は「燃えるゴミ」ではなく、基本的には「資源ゴミ」になります。
洗濯後ほかの古着同様「古布・古紙」回収日に出すのが正解です。
破れているものや汚れているものは「燃えるゴミ」です。

「資源ゴミ」では人に見られてしまうので嫌だ、という方は「燃えるゴミ」として出すこともできます。
気になる人は紙袋に入れて捨てれば見られる心配もありません。

中にはワイヤーの入ったままでOKな地域もあるようです!
(お住まいの地域に合わせてワイヤーを抜いて捨てるなどしましょう)
ただ、濡れていたり汚れているものは回収できないようなので
下着に感謝の意味も込めて、きれいに洗った清潔な状態で資源ゴミ袋に出しましょう!


 
リサイクルという手もある

近年、多くの下着メーカーが、古くなったブラジャーを回収して、エネルギー燃料のへ加工するリサイクル活動を行っています。
店舗でリサイクルバックを受け取り、封をしたまま回収、再利用されるのでプライバシーも守られます。
メーカーによっては割引券と引き換えてくれるショップもあるようです。

いらなくなった下着が環境のために使われるなんて少し嬉しい気持ちになりますね!
しかもとても気軽にエコ活動に参加できます。

また、衣類のリサイクルを行い、発展途上の国などに寄付する団体では、衣類以外に下着も受け付けてくれるところも!
趣味が合わず使用していない下着、なんとなく体系に合わず使用できなかった下着など、捨てるにはもったいないものが誰かの役に立てば嬉しいですね♪


 

いかがでしたか?
タイミングを逃すとなかなか下着を捨てることはないかもしれません。
この記事を読み終わったら是非タンスの中で眠っている下着が無いか、また今つけている下着は大丈夫かチェックして
正しい捨て方で常に綺麗な下着をつけられるようにしましょう!

以上、Naoでした!

あわせて読みたい特集記事はこちら